青木 新門「納棺夫日記 (文春文庫)」 ★★★☆☆

青木 新門「納棺夫日記 (文春文庫)」

きっかけ=なんとなく購入

映画「おくりびと」の原作らしい。映画は見ていないが、たぶん原作の一部を素材にしたまったく違うストーリーだと思う。
本作は物語ではなく著者の心象風景。死人に化粧を施し着替えさせる、それらの行為を通じて、生死についての哲学的な問い、親鸞聖人の教えの本質についての著者の理解について語る。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。