東野 圭吾「手紙 (文春文庫)」 ★★☆☆☆

東野 圭吾「手紙 (文春文庫)」

きっかけ=友人Nくんに借りて

ベストセラー作家の東野圭吾さんだが、初めて読んだ。
殺人犯の家族が受ける悪意なき差別を丹念に描く。
こういうことなのだと見方が変わる。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。