池田 晶子「私とは何か さて死んだのは誰なのか」他2作 ★★★★☆

  

池田 晶子「私とは何か さて死んだのは誰なのか」
池田 晶子「死とは何か さて死んだのは誰なのか」
池田 晶子「魂とは何か さて死んだのは誰なのか」

きっかけ=池田晶子さん「最後の新刊」と謳われた三部作。購入してしばらく棚に並べているだけだったが、まとめて一気読み。

「私とは何か」に収録されている「「わたくし、つまりNobody」が秀逸。
池田さん自身が端的に表現されている珠玉の一編。
巻末の小6のときの作文には度肝を抜かれた。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。