伊坂 幸太郎「死神の精度 (文春文庫)」 ☆☆☆☆☆

伊坂 幸太郎「死神の精度 (文春文庫)」

きっかけ:同じく店頭で先輩Yさんにすすめられて購入。

陳腐でわざとらしい比喩がうっとうしく面白くない。
全然好きなタイプではないので、今後は伊坂幸太郎さんの作品は読まないように気をつけよう(ベストセラー作家らしいが)。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。