城山 三郎「官僚たちの夏 (新潮文庫)」 ★★★☆☆

城山 三郎「官僚たちの夏 (新潮文庫)」

きっかけ=本屋さんで平積みされていたのでなんとなく購入。(TVドラマは見たことないです)

1960年代、高度成長期の官僚世界。
実在の人物を描いていると思われるが私にはわからない。

登場人物も男だらけで共感はないが、外国文学と同じく、誰がああした誰がこうしたという話がつらつらと続き、ひとつひとつは別におもしろくもないが、全部読み終わってみると男だらけの官僚世界がぬっと浮かび上がってくるという作品。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。