桐野 夏生「残虐記 (新潮文庫)」 ★★☆☆☆

桐野 夏生「残虐記 (新潮文庫)」

きっかけ=桐野さんの作品をさらに読みたく購入。

実際にあった少女軟禁事件を題材に書かれた小作品。
誘拐され1年間軟禁された少女の「性的人間」への変化とその産物である想像を丹念に描く。

テーマとストーリー立てはセンセーショナルだが、内容は今ひとつ物足りない感じ。。。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。