宮尾 登美子「新装版 天璋院篤姫(上)(下) (講談社文庫)」 ★★★★☆

宮尾 登美子「新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)」

宮尾 登美子「新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)」

きっかけ=中古本屋さんでなんとなく購入。

宮尾登美子さんの固い、でも女性らしい独特の文体が妙味。
大河ドラマとは異なって変な演出もなく(家定を王子様のように祭り上げる的な)、より天璋院の、徳川家の嫁としての覚悟の深さ、逆に超保守的で頑固な面など、人間くささも感じて面白い。

宮尾さんの作品を他にも読んでみたい。

広告
  1. 今までに一度だけ、新聞の連載小説をリアルタイムで読みとおしたことがあるのですが、それが宮尾登美子さんの「きのね」。内容はほとんど覚えていないけど、毎日、すっごい楽しみに読んでました。
    この小説も面白そうですねー。購入候補に入れよう。

    • 残念ながら「きのね」は読んだことがありませんが、宮尾さんの小説はものすごくいいなと感じました。継続して読みたい人です。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。