宮尾 登美子「新装版 一絃の琴 (講談社文庫)」 ★★★★☆

宮尾 登美子「新装版 一絃の琴 (講談社文庫)」

きっかけ=先日読んだ「天璋院篤姫」に惹かれて、同じく宮尾作品を購入。

土佐の幕末→明治→昭和を、旧士族の女性として誇り高く生き抜いた「苗」「蘭子」の、一弦琴に全生命を賭けた生き様を描く。

天璋院と和宮のときにもあった女同士の確執が面白い。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。