伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」 ☆☆☆☆☆

伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」

きっかけ=友人Hちゃんにお借りして

☆ネタバレあり☆

首相暗殺の犯人に仕立てられた主人公の逃走劇。
登場人物の設定やセリフが芝居がかりすぎていたり、場面転換が激しく映画やドラマの脚本を読んでいるような感じ。
落ちが整形手術で面白みもない。
やっぱり伊坂幸太郎は私に合わないらしい。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。