小池 真理子「虚無のオペラ (文春文庫)」 ★☆☆☆☆

小池 真理子「虚無のオペラ (文春文庫 (こ29-3))」

きっかけ=読むものがなくてなんとなく購入。

8歳年下の男との別れのために、厳寒の京都の宿で過ごす4日間を丹念に描く。
日本美に溢れる京都の描写は絵のように美しく印象的。
だが不倫の美しい話、それ以上ではない。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。