湊 かなえ「告白 (双葉文庫)」 ★★★☆☆

湊 かなえ「告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)」

きっかけ=前から読んでみたかったので購入。

本屋大賞1位、評判のミステリの映画化に合わせた文庫版。
1章は主人公の女教師が一人で語る娘殺し犯人の暴露と復讐。
そこここに伏線があり一気に読ませておもしろい。
その後はクラスメイトや犯人の視点からの物語で、現実感もあるが1章のテンポがよすぎてやや退屈。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。