有吉 佐和子「和宮様御留 (講談社文庫)」 ★★★☆☆

有吉 佐和子「和宮様御留 (講談社文庫)」

きっかけ=有吉佐和子さんの作品を継続して読みたく、天璋院篤姫の主要人物でもある和宮を題材にしているということで興味あり購入。

公家の密閉された世界観の徹底的な写実、さすが有吉佐和子。
下女「フキ」が何もわからないまま和宮と入れ替えられ、瓦解寸前の徳川家に嫁する運命となる。
旅中徐々に狂気が表出し、最後は身も心もズタズタになって死ぬフキ。
それを顧みる登場人物もおらず、ある意味有吉からも投げ出されてしまう、容赦ない残忍さ。

公家のねちねちした陰険さと形式的で無意味な御所ことばのオンパレードが逆にリアル。
関西弁の「ありがとう」は公家ことばだったのか。
天璋院との確執はほとんど出てこず、少し残念。

本当に和宮は入替られていたかそうでないか、という真偽のほどは、この作品の価値と何も関係ない。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。