内田 幹樹「査察機長 (新潮文庫)」 ★★★☆☆

内田 幹樹「査察機長 (新潮文庫)」

きっかけ=上司のAさんにお借りして。

初めて査察を受ける機長村井の長い1日。
同乗のベテラン機長大隈、神経質なチェッカーの氏原などのキャラクターの魅力と、フライトの実際的なやりとりや専門用語で、特に事件もないのに読み応えのある骨太の小説。
男性作家はこういうジャンルがよい。

あまりの個性豊かなキャラクター陣に、続編が楽しみだと思っていたところ、著者は2006年に亡くなられたとのこと・・・非常に残念。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。