辻 仁成「冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫) 」 ★☆☆☆☆

辻 仁成「冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫) 」

続けて、Bluを読む。

まーおもしろくない。
昔の女に縛られて何もできないダメ男だけど、ダメさかげんも中途半端(修復士としての腕前がよいのがつまらない)、「先生」とやらの存在も中途半端(結局死んでしまう)、芽実という女性もうっとうしい。
あおいはなんでこんな男が忘れられないのか。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。