塩野 七生「ローマ人の物語 (1)(2) ― ローマは一日にして成らず(上)(下) (新潮文庫)」 ★★★☆☆

塩野 七生「ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)」

塩野 七生「ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) (新潮文庫)」

きっかけ=さっそく塩野七生の長編に取り掛かろうと購入。

まずは古代ローマ建国の伝説の王ロムルスから始まる500年。
「ローマは一日にしてならず」という建国初期の、その力の源泉は何か、どういう道のりで強固な国となったのか、を丹念になぞる。
すでにこの段階で何度もユリウス・カエサルの素晴らしさを物語る記述が多い。
また、ローマの力の源泉は、その真の開放性と統治システムに帰すと結論付けている。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。