東野 圭吾「さまよう刃 (角川文庫)」 ★★☆☆☆

東野 圭吾「さまよう刃 (角川文庫)」

きっかけ=後輩のIさんに借りて。

今まで読んだ東野作品の中では一番よかった。
レイプを受けて死んだ女子高生の父親が復讐を果たすために、逃亡しながら復讐相手の少年を探す間、刑事含め、復讐を果たすべきか否かという問題を考えさせる。

結末は後味が悪く、そういうどんでん返しはおもしろくないよと思ってしまう。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。