童門 冬二「小説 上杉鷹山 全一冊 (集英社文庫)」 ★★★☆☆

童門 冬二「小説 上杉鷹山 全一冊 (集英社文庫)」

きっかけ=後輩のS君に借りて

米沢の名君主の主人公の藩改革にかける生涯を小説として読ませる。
九州の小藩から上杉家の養子に入ったという経歴に驚いた。
肩身の狭い「養子藩主」という立場にも関わらず、堕落しきった米沢藩の体質と底をついた財政を建て直すため、異端児を集めて改革に乗り出す。

リーダー論、PJ論、改革論としても読める(ちょっと美談すぎるきらいはあるが)。
やはり歴史ものは面白い。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。