塩野 七生「ローマ人の物語〈13〉〈14〉〈15〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上)(中)(下) (新潮文庫)」 ★★★★☆

「ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)」

「ローマ人の物語〈12〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(中) (新潮文庫)」

「ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)」

きっかけ=引き続き、ユリウス・カエサル記。

とうとうルビコン河を越えたユリウス・カエサル。宿敵ポンペイウスとの決戦「ファルサルスの会戦」での不利な条件を覆しての勝利、その後の帝国創設に向けてのさまざまな改革、キケロとのやりとりのおもしろさ、クレオパトラとの関係・・・いずれも読みごたえたっぷり。

ルビコンを越えてわずか5年で暗殺されたカエサル。そのあとを継ぐ者は。
最高の後継者選びと塩野氏が絶賛するオクタヴィアヌス(のちのアウグストゥス)と、なぜ自分が後継者ではないのか理解できないアントニウスとの戦い。

「ブルータス、お前もか」のブルータスはあのブルータスではない。
「来た、見た、勝った」とはいつの言葉か。

読み終わるのが残念。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。