塩野 七生「ローマ人の物語〈14〉〈15〉〈16〉パクス・ロマーナ(上)(中)(下) (新潮文庫)」 ★★★☆☆

ローマ人の物語〈14〉パクス・ロマーナ(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈15〉パクス・ロマーナ(中) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈16〉パクス・ロマーナ(下) (新潮文庫)

きっかけ=ユリウス・カエサル記が終わってしまい、我ながら読み切れるかどうか心配になりつつ続巻を手に取る。

初代皇帝アウグストゥスを、業績別ではなく彼の人生として綴ってゆく。
共和制復活を説きながら初代皇帝となった彼の使命に対する驚異的な忍耐強さ、異常な血への執着。

絶対に友人にはしたくないタイプだがカエサルは後継者に選び、事実最高の後継者となった。
塩野氏でなければ書けないアウグストゥスだ。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。