川上 未映子「乳と卵(らん) (文春文庫)」 ★☆☆☆☆

川上 未映子「乳と卵(らん) (文春文庫)」

きっかけ=本のスタンドでなんとなく購入

ふと読むものがなくて買ったが、全然好きなタイプではなかった。
思春期の女の子の感じ方はよく描かれているとは思うが、大阪弁で露悪的な筆致は後味が悪い。

広告
  1. 川上未映子さん、いつか読もうと思っている作家です。スジャータさんは合わなかったのね。しかし、「好きなタイプじゃなかった」と書かれると逆に読んでみたくなるのは何故(笑)
    今度貸してください。

    • なんつーあまのじゃくな(笑)
      まあでも面白かったですよ、乳と卵。えぐい感じで。
      文体が最後まで気持ち悪かったのです。
      もちろんお貸しします。

      • ものすごく、面白かったです。貸してくれてありがとう。川上さんの他の本も読んでみます。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。