内田 樹「ためらいの倫理学―戦争・性・物語 (角川文庫)」 ★★★☆☆

内田 樹「ためらいの倫理学―戦争・性・物語 (角川文庫)」

きっかけ=「私家版・ユダヤ文化論」が面白かったので、続けて代表作とされている本作を購入。

代表作というのは必ず、作家初期の野心作であるものなのだなあ。
本書は氏の処女作。
戦争、性、暴力などをテーマに、「正義の絶対性」の危険性、両極端な思想のあいだにある矛盾、ねじれを顕在化させ、「ねじれの体型化」を試みている。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。