上野 顕太郎「さよならもいわずに (ビームコミックス)」 ★★☆☆☆

上野 顕太郎「さよならもいわずに (ビームコミックス)」

きっかけ=piyoに借りて。

最愛の妻を突然亡くした自分の経験を描いたマンガ。
究極の写実主義で、生活感をものすごく感じる自宅の描写が、触れるような喪失感を表現している。

小4の娘が出てくるが、私はこの子の悲しいのか悲しくないのかよくわからない様子に最も共感した。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。