内田 樹「街場のメディア論 (光文社新書)」 ★★★★☆

内田 樹「街場のメディア論 (光文社新書)」

きっかけ=piyoに借りて。

共感多く、読みながら肯首すること度々。

TVや新聞の自己反省の欠落、メディア同士の批判の欠落、イノセンスぶり、弱者への肩入れに徹するために失われる本来の中立的視点による批判的態度→自己責任を欠けたクレーマーを生み、教育と医療の現場を荒廃させたという指摘、何度も肯首。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。