内田 樹「増補版 街場の中国論」 ★★★☆☆

内田 樹「増補版 街場の中国論」

きっかけ=piyoに借りて。

読んでみて、私はほんとに中国(だけじゃないが)の近現代史がわからないと痛感、反省。
しかし本書のおかげでなんとなく少しわかった(ような気になった)。
本来はまずは教科書的なことだけでもわかってから読まないと・・・。

「儒教圏」構想はおもしろい。
それに対するアメリカの立場は、なるほど、こういう視点の取り方があるのだ・・・と非常に勉強になる。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。