内田 樹「街場のアメリカ論 (文春文庫)」 ★★☆☆☆

内田 樹「街場のアメリカ論 (文春文庫)」

きっかけ=piyoに借りて。

アメコミの「理解されない正義のヒーロー」を米の世界関係との投影に、日本マンガの「モビルスーツで戦う少年」を米日関係になぞらえた点など、なるほどと思える視点が満載だが、やや米に対する口調が軽蔑的であり今ひとつの感想。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。