近藤 誠「がん治療総決算 (文春文庫)」 ★★★★☆

近藤 誠「がん治療総決算 (文春文庫)」

きっかけ=piyoに借りて

「患者よ、がんと闘うな」著者。

「患者よ~」は当時かなり過激で論争の火種になったが、その後10年経過したということで、「総決算」というタイトルどおり、体系的網羅的に自説に基づいた各部位のガンの解説と治療法についてまとめている。

「がんもどき理論」は初めて読み衝撃を受けると共に、背景としてはよく理解できるしデータも多いので、評価したいのだが、
なぜ今の医学界がこれに猛反発したのか、近藤医師が「火あぶり」状態になったのか、その批判者側の話も聞かないと評価できない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。