内田 樹「疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)」 ★☆☆☆☆

内田 樹「疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)」

きっかけ=piyoに借りて

珍しく内田先生の本でほとんど共感できなかった一冊。
初の「語り下ろし」だそうだが、タイトルもなんか浅ましいと感じたが、中身もカドカワ文庫ぽいというか、この作品が女性にウケたというのも含めてなんだかなあという感じ。

人間関係に疲れたら無理せず抜けだせとの主張だが、それは理解し合えない他者との共生こそが人間の本当の生きる意味であるという彼の自説とも、核家族の危険性とも矛盾している。

政治家先生(小沢さんとか)を切って捨てるような物言いもあり、彼らの言葉を本当に理解しての批判か、であればどの言説を批判しているのか明確にしてほしい。
でないとTVのマスコミと同じだ。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。