内田 樹「態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)」 ★★☆☆☆

内田 樹「態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)」

きっかけ=piyoに借りて

もう内田先生の本はどれを読んでもだいたい同じと思うようになってきた。
こちらは珍しくブログ転載ものではなく、原稿依頼があって執筆したものをまとめたものらしいが、テーマもばらばら、文量もバラバラ、確かにややタイトな印象はあったが慣れもありスルスルと読む。

冒頭の一説に「岡田山キャンパスは日本一美しい」から始まり、ちょっとうれしい。
女子大有用論は「女性は時の守護者」ということで、ほんとか?とちょっと強引な感じ。

恒例のまえがきが「まえがきが長くてすみません」というのもまた内田先生らしい。
ほんとに毎回枕が長すぎますよ、内田先生。でもその話、結局必要なんですが。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。