デニス ジョンソン(柴田 元幸訳)「ジーザス・サン (エクス・リブリス)」 ★☆☆☆☆

デニス ジョンソン著 柴田 元幸訳「ジーザス・サン (エクス・リブリス)」

きっかけ=piyoに借りて

面白さがわからなかった。
アメリカ人の「最低の生活」を知っていないと面白さがわからないような気がする。
「8miles」のように映像化されていると無知な私レベルでもよくわかって刺激的だったのだが。

この本を楽しむには前提の世界の理解が必要。
でもここに出てくる最低最悪な人たちは魅力的ではあった。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。