田丸 公美子「パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)」 ★★☆☆☆

田丸 公美子「パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)」

きっかけ=piyoに借りて

イタリア語通訳の大横綱と称される同氏の処女エッセイ。

「女性には口説くのが礼儀」というイタリア男のおもしろエピソード満載で、それに負けずウィットに富むセクシーネタのおかえしをかますのは、まさに”シモネッタ”の異名を授かった同氏ならでは。

過去の妙訳の手柄披露や息子自慢は鼻につくところもあったが、私もローマ旅行をしたときに、一人で歩いていて道行くイタリア男たちと目が合うとほぼ100%ウィンクされたり、ガイドブックを見ていると「どこに行きたいの?」と声をかけられたりしたことを思い出し、楽しく読み進む。

米原万里氏の解説がまた傑作。米原氏の著作を読んでみたくなった。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。