田丸 公美子「目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇」 ★★☆☆☆

田丸 公美子「目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇」

きっかけ=piyoに借りて

処女作「パーネ・アモーレ」と比較すると、お得意のセクシーネタは少なくなりちょっと寂しい。

処女作から7年を経過してご自身の「女性の魅力」も小野小町状態になり、
以前はあれこれ世話を焼いてくれたイタリア男たちが、最近は駅で荷物も持ってくれないことを嘆くと、
旦那様に「変わったのはイタリア男じゃなくて君だよ」と指摘されてしまうなど、還暦を超えた女性ならではのユーモアもたっぷり。

日本語の読み書きができない人が増えていることについて、幼児期には外国語より日本語とその歴史をしっかり理解しないと「根なし草になってしまう」というご指摘にはまったく同意。
横綱級の通訳のセリフは説得力あるなあ。

タイトルの「目からハム」は、「目からウロコ」のイタリア語訳とのこと、さすがイタリア。
本書のタイトルを見たときは、公美子の「公」の字のことかと思った。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。