西原 理恵子「この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)」 ★★☆☆☆

西原 理恵子「この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)」

きっかけ=piyoおすすめにて購入

サイバラ氏の過酷な経験から導かれた「カネ」にまつわる人生哲学本。
自分探し中の若者向け。

ちょっと期待しすぎたせいで、思ったより普通だなという印象だったが、何より自分自身の流した血と汗から書かれているので、究極にリアリティがある。

特におもしろかったのは大学時代、カネのために出版社に持ち込み営業をかけまくり、どうしたら稼げるかで自分の価値を高めていったところ。
悩んだら「カネになるか」で判断したらいいというのはなるほどごもっとも。

解説が勝間和代氏で変な感じ・・・解説でも惜しみない勝間氏。いつもなんでも惜しみない。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。