塩野 七生「ローマ人の物語〈17〉〈18〉〈19〉〈20〉悪名高き皇帝たち (新潮文庫)」 ★★★☆☆

ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈18〉悪名高き皇帝たち(2) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)

きっかけ=久々にローマ人の続きを再開させる。

アウグストゥスも終わってしまい、ここから進められるかどうか我ながら心配だったが、やはり塩野先生の古代の男たちの描き方は魅力にあふれていて、自然に引き込まれてしまう。

文庫本4巻分の「悪名高き皇帝たち」は、初代皇帝アウグストゥスから帝国を引き継いだ4人の皇帝たちの話だが、この4人が生きた時代から今まで、すこぶる評判が悪い。
特に三代皇帝ティベリウス、五代皇帝クラウディウスは、当時のローマ市民からも「孤島の恐怖者」や「恐妻家の愚者」の烙印を押された皇帝たちだが、塩野氏の筆によって彼らの政治的判断、指示、行動がひとつひとつ丁寧に引き出され、ひとつひとつ評価されている(正しく断罪されている所業もある)。

「カエサルが青写真を描き、アウグストゥスが構築し、ティベリウスが磐石にし、クラウデゥスが手直しをほどこした」とは言い得て妙。
誰でも知っている「暴君ネロ」も、塩野氏の筆にかかると、ナイーブすぎる青年が極端な行動に走ることで破滅を招いた、ということになる。

また暴君ネロがローマ帝国史上もっとも有名な皇帝である理由は、ネロがキリスト教徒を「人類全体への憎悪」の罪名のもとに処刑したことで、のちのキリスト教支配下の世界でローマ帝国自体が断罪されたときのプロパガンダとして利用された、という説明に納得。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。