塩野 七生「ローマ人の物語〈21〉〈22〉〈23〉危機と克服 (新潮文庫)」 ★★☆☆☆

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)

ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 (新潮文庫)

きっかけ=長い「ローマ人の物語」もちょうど真ん中。ライフワーク的に読み進めます。

悪名高き皇帝ネロの死後、血統による正当性を失った帝位をめぐる乱世時代から五賢帝時代のとっかかりまで。

混乱に乗じたゲルマン、ガリア民族の蜂起に対する鎮圧のあと、常識人ヴェスパシアヌス帝とそれを支えたムキアヌスの取った戦後処理がいかにも古代ローマ人らしい。勝者敗者ともに「何もなかったことにする」で通したのだ。

敗者に対する略奪や奴隷化もなく(結果、勝者には報償がないことにもつながる)、裏切り者に対する処罰もなく、とにかく元の場所に戻って元通りの生活をすればよし、壊れたところは直す、でやり通して帝国崩壊の危機を乗り切った。
これが現代ならばどうだろうか。

また、この章ではユダヤ人の反乱と徹底した鎮圧(イエルサレム陥落、マサダの玉砕)も出てくる。塩野氏は多神教のローマ人から見た一神教ユダヤ人を「正しく断罪」しているので、ユダヤ人の筆による嘆きが前提ではない分、ユダヤの客観的な特殊性がよく理解できる。

長い歴史でユダヤ人だけが重税を課されたり住区域を指定されたりしてもなぜ黙って耐えていたのか、今までずっとわからなかったが、ユダヤ人が非常に特殊であり、(少なくとも古代ローマでは)その特殊性を許し特別扱い(例えば毎土曜は仕事を休み、軍役も免除)することの代償だったのだと理解。

また、同時代人には「記録抹殺刑」で断罪されたドミティアヌス帝の所業をいつもながら丁寧に再評価しているが、文中塩野氏が「私の書くローマ史は、学者の書くローマ史ではなくて作家の書くローマ史」と定義している部分が面白い。

歴史家は歴史上の書物をそのまま「証拠」として遇するが、作家である塩野氏は「書物はしょせん主観的な物の見方から逃れられない“人間”が書いているもの」と捉え、皇帝やその所業を評価するにあたっては、古代人の書物に残る史実も「この人が見たいように見たもの」として参考にはすれ、判断基準としては採用しない。
塩野氏が物差しとしているのは、「そのあとに続いた皇帝たちが同じ政策ないし事業を継承したか否か」であるとのこと、なるほどと思う。
その判断基準ならば、ドミティアヌスは大いに評価すべき皇帝であったのだ。

現イギリスが40年もかかって中途半端に征服されたことについては、その後のローマ元老院でもほとんど登用されなかった古代イギリス人たちに同情(?)して、「ローマに征服されるのならば、クラウディウスではなくて、カエサルに征服してもらうべきだったのだ」とは笑った。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。