内田 樹「最終講義-生き延びるための六講 (生きる技術!叢書)」 ★★★★☆


内田 樹「最終講義-生き延びるための六講 (生きる技術!叢書)」

きっかけ=piyoにお借りして。

ちょい久々に、内田先生です。
書名の「最終講義」のとおり、神戸女学院大学の現役教授を退任されるにあたり、最後に壇上に立ってお話された講義録から始まり、その他5本の講義録を併せて一冊にしています。

やはり内田先生のライブ(講義)は、ものすごくパワーがあるのだと思います。講義録を読むだけでもビンビン伝わります。
一本勝負の緊張感。
毎度長い枕から、多くは唐突なたとえ話、そして徐々に主題に近づいてくる、と思ったら息抜き、そしてラストスパート、最後の落ちまで、まったく飽きさせないし、ライブを聞いている側のメンバー構成(学生だったり、同窓会のおばさまだったり、教育委員会のおじさまだったりする)によって、トーンを変えたりその場の空気を読んでの間合いも感じられます。

ブログ転載ものとは異なり、初めてウチダ節を聞く人がいるという前提で話が構成されているので、膨大なウチダ本の最初の一冊にもうってつけだと感じました。


計6本の講義録のうち、特におもしろかったのは以下の4本。

Ⅰ 最終講義(神戸女学院大学)2011年1月22日

これは正直、わたしが同校出身であることが理由で感慨深かったです。私が同大学2年生のときに内田先生は赴任されたらしいのですが、在学中はまったく存じ上げず、もちろん講義も受けなかったことが悔やまれてなりません。
しかし、内田先生自身の経験として語られている、入学式がキリスト教の礼拝形式で行われ賛美歌から始まったことに驚いたこと、茂洋チャプレンの祝福の言葉の宛先に自分自身が含まれていることを感じたこと、陰影深いヴォーリズ建築の隠し階段やトイレに驚いたこと、私自身も鮮やかに思い出すことができます。
本書のおかげで、あの大学を選び、卒業してよかったと、改めて(というか初めて)感じることができた次第です。


Ⅲ 日本はこれからどうなるのか?-”右肩下がり社会”の明日(神戸女学院教育文化振興めぐみ会講演会)2011年6月9日

この講義が行われた「めぐみ会」というのは、我が母校の同窓会ですが、笑うくらいすごい集まりです。
女学院卒業ということが大変なステイタスになった時代に生き、三代続いて女学院、というようなお家柄に誇りを持ち、今もそれをアイデンティティにされているご婦人がたくさんおられます。
もちろん私自身は縁がなく、会合なども一度も出席したことがありませんが、当時の学内にも「めぐみ会」の建物があり、品のよいおばさま方が大勢行き来されていたことを覚えています。
その「めぐみ会」の講演で、なんと「北方領土」のテーマから話し始める内田先生。やりすぎです(笑)

なぜ我々は北方領土問題について無知すぎるほど無知なのか、という切り口から、沖縄基地の核保有の可能性に言及し、と思うと母親と父親の育児戦略のちがい、自殺率は平和な時代に上昇する、教育立国をめざすべき、とまあ、言いたい放題でございます(笑)
この一章だけでもかなり読み応えがあります。「めぐみ会」の講義だけで終わらず書籍になってよかったなあーと、しみじみ思う次第です。


Ⅳ ミッションスクールのミッション(大谷大学開学記念式典記念講演)2010年10月13日

大谷大学とは、関西の人なら誰でも知っている仏教大学です。
内田先生の教育論がぎっちり詰まっている一章で、読み応えあると共に感動しました。

『教育というのは、「私にはぜひ教えたいことがある」という人が勝手に教え始める。聞きたい人がいれば、誰にでも教えますよという、教える側の強い踏み込みがあって教育は始まる。』(p.171)

学びたい人(つまり市場でいうところの「顧客」)のご要望に沿って、供給側である学校が教育内容を変化させるなど、内田先生に言わせれば本末転倒なわけですが、今はこちらの方が主流の考え方であることを鋭く指摘し、警鐘を鳴らしています。

『「ミッションスクールのミッション」というのは、要するに旗印を鮮明にするということです。特に宗教系の大学の場合、ここ数十年の間に建学の理念がだんだん希薄化していき、クリスチャンのミッションスクールでも、宗教儀礼や必修のキリスト教学をなくしていったり、礼拝の参加義務を緩和したり、入学式・卒業式から宗教色を払拭していったりする傾向があります。「だって、宗教色を払拭しないと、志願者来ませんから」ということを平然と言う人がいる。率直に言って、そういうことを言う人に、大学教育には関わって欲しくない。』(p.188)

『大谷大学もいいじゃないですか、このサイズではなくても。高々と旗印を掲げて、それで学生が減っていったら減っていったでいいじゃないですか。浄土真宗の学校なんか厭だなあというような学生に来てもらうこと、ないですよ。学生数が減ったら、減ったなりにダウンサイジングして、寺子屋みたいなものになっても構わないじゃないですか。教育機関の真の価値は財務内容でも在学生数でもなく、そこでどのような人間を生み出したかということで考量するしかないんですから』(p.188)

感動です。拍手喝さいです。
しかし大谷大学の先生方は、大変な人に講演をお願いしてしまいましたね(笑)
関西随一のミッションスクールとして、ぜひとも踏ん張っていただきたいと思います。


Ⅴ 教育に等価交換はいらない(守口市教職員組合講演会)2008年1月26日

内田先生の「教育に市場原理主義を持ち込むべからず」持論が、一章で簡潔にわかってよいです。
内田先生はずーーーーっとこのテーマにこだわって、色んなところで主張を展開されていますので、知っている人にはおなじみの内容ですが、内田先生の教育論はどれから読めばいいのと言われれば、この一章はピッタリだと思います。

というわけで、6本の講義録のうち4本が必読という、大変内容の濃い一冊でした。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中