「親鸞 生涯と教え」 ★★☆☆☆

親鸞 生涯と教え

きっかけ=浄土真宗への興味から入門書を探し、ネット検索で見つけて購入。

変わった本を買ってしまいました。800円って安いな~と思いながら、でも「東本願寺出版部発行」ってことは、色気も何もない正統派だろうし、浄土真宗の教えを最初に学びたい人向けだろうと思って、ネットで購入しました。すると、これは教科書ですね。おそらく、大谷大学の中等部で授業に使われているのではないでしょうか。

内容は120ページほどで、親鸞の誕生から比叡山での修行を経て法然に帰依し、越後への流刑生活、関東での教化活動、そして京に戻って執筆を続け、入滅までを追う形で、親鸞の教えを語っています。


親鸞は西暦1200年頃、鎌倉時代に生きた人です。日本では最も信者が多い浄土真宗の開祖なので、なんとなくもっと後代の人のような印象があるのですが、生まれたのはまだ平安時代であり、そう考えると本当に昔々の人だなあと思います。親鸞の教え自体は脈々と受け継がれていても、親鸞その人自身のことはあまりわかっておらず、親鸞の妻・恵信尼が子どもたちに書き送った手紙などからわかることを元に、親鸞がどのような人生を送ったのか、綴られています。


中学生向け(おそらく)なので、かなり読みやすい内容及び文体ですが、流刑中の越後での生活の描写などは特にしっかりとした記述で、大人が読んでも考えさせられるものでした。

文字を読み書きすることも知らず、厳しい環境の中で、萌え出ずる雑草のように生きる人々の姿である。あるものは海や川で漁を行い、またあるものは田畑を耕して作物を育て、誰もがその日一日を必死に生きようとしていた。そのような姿を目にした親鸞は、あらためて人間が生きるということの厳しさを思い知らされたのである。そればかりか、生き延びるためにはたとえ悪事とされていることであっても、あえて行わなければ生きていけないという現実は、親鸞にとって大きな衝撃であった。(p.74)

なんとなく、この越後での流刑生活を経て、親鸞の教えが唯一無二のものになったのではないか、ということが想像されます。


教科書ならではのものとしては、途中にちょいちょい「視点」というコーナーがあって、「私たちは多くのつながりの中で生きている。親しい友だちとの関係もあれば、恋人との関係もあるだろう。(中略)何によっても壊れない確かな人間の関係は、どのようにしたら生まれるのだろうか。今一度考えてみてほしい。」というような文章が出てきます。ちょっと笑ってしまわざるを得ないのですが、まあ学校の授業ではこういうテーマで、話し合ったり文章を書いたりしているのでしょう。笑ってはいけませんね。


ありがたいことに、この一冊でだいたいの親鸞の人生はわかりました。というわけで、このあと、いよいよ「歎異抄」を読みます。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中