カテゴリー : ★★★★☆

「新版 歎異抄―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)」 ★★★★☆

新版 歎異抄―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

きっかけ=浄土真宗への興味からネットで購入。

読もうと思いつつ手が出せていなかった「歎異抄」。理由のひとつに、どれを読めばいいのかよくわからない、というのがあったのですが、いろいろと書評などを見て、結局こちらを購入。選んでよかった、そして、読んで本当によかったです。以下、大変長々としたレビューになりますが、ワタシの発見と理解を書き留めたく、なにとぞご容赦ください。



まず、「歎異抄」って親鸞が書いたものじゃないんですね。そんなことさえ知らなかった私。。。著者は親鸞の門弟のひとり、唯円であるという説が有力らしい。そして、「歎異抄」とは、「親鸞が説いた『真実の教え』ではない、『意義の教え』を嘆いた書付け」とでもいう意味です。内容は前編、後編にわかれていて、前編では親鸞から直接受けた『真実の教え』を語り、後編ではその真実の教えにそむく『意義の教え』を挙げ、親鸞の発言を拠りどころにして批判しています。これは本当によくできた構成で、前半で浄土真宗の本義の知識を得た上で、後半の意義への批判を知ることにより理解が深まります。

浄土真宗の教えでもっとも有名な一説は、「善人なをもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」というものでしょう。前編の第三条冒頭に出てきます。現代語訳では「善人でさえ浄土に行けます。まして悪人が行けないことはありません」となります。反対じゃなくて?そう、反対ではないことが、浄土真宗が浄土真宗である意味です。

この一説を、言葉では理解し、意味も断片的な知識でなんとなく飲み込んではいましたが、やはり最後のところで何か腑に落ちない、しこりのようなものがずっとありました。「『悪人』というのは普通に我々が考えるところの『悪人』ではなく、自分のことを『悪人』だとわかっている人のことだ」というような解説をよく聞きますが、親鸞はそういうことを言っているのではなく、本当に悪人を救うと言っているのでないか、と漠然と感じていました。それが、「歎異抄」を読んで、やっと本当に理解できたように思います。

世間の人は普通には、つぎのようにいいます。「悪人でさえ浄土にいけるのだから、善人が行けるのはあたりまえである」と。この考え方は、一応もっとものようですが、阿弥陀さまのお救いの趣旨に反します。
その理由は、自分の努力で善い行いをつみかさねて浄土に生まれようと心がける人は、阿弥陀さまのお力におすがりしようという心のない人ですから、阿弥陀さまに救われて浄土に行くことはできません。しかし、そういう人も、みずからの善をたのむ心をひるがえして、阿弥陀さまのお力におすがりしておまかせすれば、浄土に生まれることができます。
欲望をすてることができないわたしたちは、どのような修行をしても結局は不十分に終わり、迷いの世界をはなれることはできません。そのような人間をあわれにお思いになって、助けようという願いをおこされたのが阿弥陀さまです。ですから、阿弥陀さまの本意は悪人を救って仏にするためですので、ひたすら阿弥陀さまのお力におすがりする悪人こそ、まず浄土に生まれる資格を持っています。(p.79)

悪人をあわれみ、悪人を救いたいというのが阿弥陀の本願だから、悪人がまっさきに救われるのは当然である、ということなのですが、そこから一歩踏み込んで、善人というのは自分の力で往生したいと考える者であるため、阿弥陀の救いはないこと、さらに、これから何度も何度も出てくるのですが、私なりの理解で言うと、『わたしはアホでバカで根性なしで自分勝手にしか考えられない悪人だから、阿弥陀さまに救われるに違いない』という考え方を一徹に突き通すことが、浄土真宗の本義である、ということがわかるのです。

誰でも自分のことを、少しはマシな人間だと思いたいのではないでしょうか。または、善いことをひとつづつつ積み重ねて、マシな人間になりたいと思っているのではないでしょうか。先祖を供養する、病人や弱者を助ける、そういうことを通じて、善い人間になりたい。浄土真宗はそういう人に対して、「そう思うなら、どーぞがんばってください。バカで根性なしの私にはとてもとても。比叡山の賢いお坊さんが自分の力で浄土に行くにはどうすればよいか教えてくれますから、そちらに聞いてください」と、突き放しているのです。

私の理解では、「悪人」とは「自分のことを悪人だとわかっている人」のことではなく、本当の極悪人も含めての「愚か者」であり、そのことを説く浄土真宗のお坊様は「自分を愚か者だと言える人」だと思います。

浄土真宗は、ご存知のとおり、「念仏」を薦めます。一度念仏すれば、阿弥陀がなんとしても浄土に行かせようと追いかけてきて、たとえ逃げても後ろからはっしと抱きしめて離さない、とまで言っています。この「念仏する」こと以外に「善行」はなく、さらに言うと念仏さえも「善行」ではありません。阿弥陀の働きかけにより、我知らずつぶやいてしまうもの、つまり「他力」です。「他力」とは、他(=阿弥陀)の力にすがることだけでなく、自らの力をあきらめ、たとえ善い事を積み重ねても報いはないと悟ることだということが、やっとわかったのです。究極にストイックな教えだと感じます。



わたしは禅宗のお寺に通っていたことがありますが、同じ仏教でも禅とは正反対の教えです。初めて禅寺で法話を聞いたとき、こういう話を聞いて感動しました。
・私たちは誰でも、仏様と寸分違わぬ、鏡のように澄み切った心を持っている。
・仏像に仏があると言って拝むのはおかしい。仏は自分の心にある。
・自分の本性はそのまま仏様と同じ。「自性本来清浄心」に目覚めなさい。
・自分の中に清浄心を見つけるために坐禅しなさい。
これは、親鸞から言わせると「自力で浄土に行こうとする人」のことです。


では仏教の教祖である釈迦はどう言ったのか。わたしも勉強不足で詳しくは理解していませんが、少なくとも阿弥陀さまにすがって念仏すれば浄土に行けるとは言っていないはずです。「阿弥陀さま」というのはどこから出てきたのでしょう。法然や親鸞が突然言い始めたことではもちろんなく、さまざまな経典にも登場します。このルーツを解明してみたくなってくるのはわたしの性なので、そのうち調べてみたいと思います。


さて話を戻して、わたしがこれまで疑問に感じていたことのもうひとつに、「本願ぼこり」があります。「本願ぼこり」とは、阿弥陀の本願に甘えてつけあがり、「念仏ひとつで浄土にいけるのだから、どんな悪いことをしても構わない」という解釈です。これについて親鸞はどう説明するのか、と前々から興味があったのですが、これがまたわたしにとってはコペルニクス的展開でした。歎異抄では、この「『本願ぼこり』」は悪い考え方である」という主張を、「嘆かわしい意義」としているのです。えええっ!!!じゃあ、念仏ひとつで浄土にいけるなら、どんな悪いことをしても構わないんですか!?


これに対する解説が深い。というか、非常に仏教的です。
わたしたちは善いことをしようと思っても簡単にはできない。同じように、悪いことをしようと思っても簡単にできるものではない。善いことができるのはその人の業(=宿命)であり、悪いことができるのもその人の業である。だから、人は「念仏ひとつで往生できるから悪いことができる」のではない。

願にほこりてつくらんつみも、宿業のもよほすゆへなり。されば、よきことも、あしきことも、業報にさしまかせて、ひとへに、本願をたのみまひらすればこそ、他力にてさふらへ。(第十三条)

(現代語訳)
阿弥陀さまの本願を誇り、それにあまえてつくる罪も、過去の多くの縁によるものです。だから、善い行いも悪い行いも、すべては過去の縁によるものと考えて、それにとらわれることなく、ひとえに仏さまの本願力をおたのみすることが、他力ということです。(p.98)

親鸞は、本当に、悪人こそを救いたかったのだと思います。平安末期から鎌倉時代初期、そのころの京都は戦闘や暴動が絶えず、度重なる飢饉で餓死にする人が後を立たず、道端には動物や人間の死体が転がっており、鴨川には打ち捨てられた死体から身ぐるみをはがすことを生計にして暮らしている人がいる。貧しい家族は、病気の年寄りに早く死んでほしいと思ったでしょうし、家族全員が飢えていたら、その年寄りを殺して食べたかもしれません。年寄りがいなければ、末の子だったかもしれません。そのような人々は、自分のような極悪人は地獄以外にいくところはないと思っていたでしょう。この世が地獄であればこそ、あの世の地獄もリアルに想像できたでしょう。親鸞はそのような、生きるためには悪をなさざるをえない、そういう人に、あなたは救われる、念仏ひとつで救われる、と信じさせたかったのではないでしょうか。



私の生家は真言宗で、浄土真宗の作法は知りませんが、位牌もなく、四十九日もせず、お盆もお迎えしない、と聞いたことがあります。亡くなったら即成仏できるのですから、そのようなものは必要ないのでしょう。しかし、必要ないと言われても、位牌もなくお盆の供養もなければ、どうやって死者とコミュニケーションを取ればよいかと不安を覚える人もいるでしょう。極めてストイックな教えだと、改めて感じます。

以上、長々としたレビューにお付き合いいただきありがとうございます。何年も前から読んでみたいと思っていた「歎異抄」。読んでしまえばするすると2時間もかからなかったと思います。これから読もうとする方のために、本書のオススメの読み方を書き付けて終わりとします。本書は「歎異抄」の原文と現代語訳が、併記でなく別々に掲載されています。まず最後の「解説」をざっと読んで、親鸞と歎異抄についての知識を得てから、最初に戻って原文、中ほどにある現代語訳を、一条づつ読み進めるとよいと思います。

内田 樹「最終講義-生き延びるための六講 (生きる技術!叢書)」 ★★★★☆


内田 樹「最終講義-生き延びるための六講 (生きる技術!叢書)」

きっかけ=piyoにお借りして。

ちょい久々に、内田先生です。
書名の「最終講義」のとおり、神戸女学院大学の現役教授を退任されるにあたり、最後に壇上に立ってお話された講義録から始まり、その他5本の講義録を併せて一冊にしています。

やはり内田先生のライブ(講義)は、ものすごくパワーがあるのだと思います。講義録を読むだけでもビンビン伝わります。
一本勝負の緊張感。
毎度長い枕から、多くは唐突なたとえ話、そして徐々に主題に近づいてくる、と思ったら息抜き、そしてラストスパート、最後の落ちまで、まったく飽きさせないし、ライブを聞いている側のメンバー構成(学生だったり、同窓会のおばさまだったり、教育委員会のおじさまだったりする)によって、トーンを変えたりその場の空気を読んでの間合いも感じられます。

ブログ転載ものとは異なり、初めてウチダ節を聞く人がいるという前提で話が構成されているので、膨大なウチダ本の最初の一冊にもうってつけだと感じました。


計6本の講義録のうち、特におもしろかったのは以下の4本。

Ⅰ 最終講義(神戸女学院大学)2011年1月22日

これは正直、わたしが同校出身であることが理由で感慨深かったです。私が同大学2年生のときに内田先生は赴任されたらしいのですが、在学中はまったく存じ上げず、もちろん講義も受けなかったことが悔やまれてなりません。
しかし、内田先生自身の経験として語られている、入学式がキリスト教の礼拝形式で行われ賛美歌から始まったことに驚いたこと、茂洋チャプレンの祝福の言葉の宛先に自分自身が含まれていることを感じたこと、陰影深いヴォーリズ建築の隠し階段やトイレに驚いたこと、私自身も鮮やかに思い出すことができます。
本書のおかげで、あの大学を選び、卒業してよかったと、改めて(というか初めて)感じることができた次第です。


Ⅲ 日本はこれからどうなるのか?-”右肩下がり社会”の明日(神戸女学院教育文化振興めぐみ会講演会)2011年6月9日

この講義が行われた「めぐみ会」というのは、我が母校の同窓会ですが、笑うくらいすごい集まりです。
女学院卒業ということが大変なステイタスになった時代に生き、三代続いて女学院、というようなお家柄に誇りを持ち、今もそれをアイデンティティにされているご婦人がたくさんおられます。
もちろん私自身は縁がなく、会合なども一度も出席したことがありませんが、当時の学内にも「めぐみ会」の建物があり、品のよいおばさま方が大勢行き来されていたことを覚えています。
その「めぐみ会」の講演で、なんと「北方領土」のテーマから話し始める内田先生。やりすぎです(笑)

なぜ我々は北方領土問題について無知すぎるほど無知なのか、という切り口から、沖縄基地の核保有の可能性に言及し、と思うと母親と父親の育児戦略のちがい、自殺率は平和な時代に上昇する、教育立国をめざすべき、とまあ、言いたい放題でございます(笑)
この一章だけでもかなり読み応えがあります。「めぐみ会」の講義だけで終わらず書籍になってよかったなあーと、しみじみ思う次第です。


Ⅳ ミッションスクールのミッション(大谷大学開学記念式典記念講演)2010年10月13日

大谷大学とは、関西の人なら誰でも知っている仏教大学です。
内田先生の教育論がぎっちり詰まっている一章で、読み応えあると共に感動しました。

『教育というのは、「私にはぜひ教えたいことがある」という人が勝手に教え始める。聞きたい人がいれば、誰にでも教えますよという、教える側の強い踏み込みがあって教育は始まる。』(p.171)

学びたい人(つまり市場でいうところの「顧客」)のご要望に沿って、供給側である学校が教育内容を変化させるなど、内田先生に言わせれば本末転倒なわけですが、今はこちらの方が主流の考え方であることを鋭く指摘し、警鐘を鳴らしています。

『「ミッションスクールのミッション」というのは、要するに旗印を鮮明にするということです。特に宗教系の大学の場合、ここ数十年の間に建学の理念がだんだん希薄化していき、クリスチャンのミッションスクールでも、宗教儀礼や必修のキリスト教学をなくしていったり、礼拝の参加義務を緩和したり、入学式・卒業式から宗教色を払拭していったりする傾向があります。「だって、宗教色を払拭しないと、志願者来ませんから」ということを平然と言う人がいる。率直に言って、そういうことを言う人に、大学教育には関わって欲しくない。』(p.188)

『大谷大学もいいじゃないですか、このサイズではなくても。高々と旗印を掲げて、それで学生が減っていったら減っていったでいいじゃないですか。浄土真宗の学校なんか厭だなあというような学生に来てもらうこと、ないですよ。学生数が減ったら、減ったなりにダウンサイジングして、寺子屋みたいなものになっても構わないじゃないですか。教育機関の真の価値は財務内容でも在学生数でもなく、そこでどのような人間を生み出したかということで考量するしかないんですから』(p.188)

感動です。拍手喝さいです。
しかし大谷大学の先生方は、大変な人に講演をお願いしてしまいましたね(笑)
関西随一のミッションスクールとして、ぜひとも踏ん張っていただきたいと思います。


Ⅴ 教育に等価交換はいらない(守口市教職員組合講演会)2008年1月26日

内田先生の「教育に市場原理主義を持ち込むべからず」持論が、一章で簡潔にわかってよいです。
内田先生はずーーーーっとこのテーマにこだわって、色んなところで主張を展開されていますので、知っている人にはおなじみの内容ですが、内田先生の教育論はどれから読めばいいのと言われれば、この一章はピッタリだと思います。

というわけで、6本の講義録のうち4本が必読という、大変内容の濃い一冊でした。

マイケル・サンデル「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」 ★★★★☆

マイケル・サンデル「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」

きっかけ=piyoにお借りして。

久々に、真っ芯から哲学的な問い立てをしている本を読みました。
タイトルが「正義」ですよ。

齢四十を越え、この世の中に「これが正義である」というようなものがあるとすれば、大きな勘違い以外の何者でもないということを、投げやりでも諧謔でもなくそう本当に思っている訳でして、
そこに「正義の話をしよう」などと言われると身構えること甚だしく、自分だったら決して手に取らない本だったと思います。
が、piyoの書評を読んで、これは読まねばならないぞと感じた次第。


政治哲学者でありハーバード大学教授であるマイケル・サンデル氏のことは、本書で初めて知りました。
2010年にNHK教育テレビで氏の大学講義録「ハーバード白熱教室」が放映されて日本でも有名になったということで、ぜひとも放映見たかったです、残念です。

本書では、いくつもの「それが正しいかどうか判断できない」という例が出てきます。
代理母出産は正義か?なぜ志願兵はよくて傭兵(または徴兵)はよくないと感じるのか?マイケル・ジョーダンの報酬は正当か?
これらを、「幸福」「自由」「道徳」の3つのアプローチから、我々が何を根拠に「正義」「非正義」と判断するのか、ひとつづつ丹念に紐解いてゆきます。

正義への三つのアプローチ

ある社会が公正かどうかを問うことは、われわれが大切にするもの-収入や財産、義務や権利、権力や機会、職務や栄誉-がどう分配されるのかを問うことである。公正な社会ではこうした良きもものが正しく分配される。つまり、一人ひとりにふさわしいものが与えられるのだ。難しい問題が起こるのは、ふさわしいものが何であり、それはなぜかを問うときである。

われわれはそうした問題をすでに考えはじめている。便乗値上げの是非、パープルハート勲章の受章をめぐる対立、企業救済などについて考えながら、価値あるものの分配にアプローチする三つの観点を明らかにしてきた。つまり、幸福、自由、美徳である。これらの理念はそれぞれ、正義について異なる考え方を示している。(p.29)

・幸福の最大化--功利主義=最大多数の最大幸福が「正義」
・自由の尊重--自由至上主義(リバタリアニズム)=個人の自由な選択を最大限尊重することが「正義」
・美徳の涵養--共通善に基づく美徳の涵養や善良な行動が「正義」

読み進んでゆくと、いかに私たちの脳みそが、「功利主義」や「自由至上主義」という価値観で無意識に物事を捉え判断しているか、身にしみます。
私たちがごく自然に「正しい」と感じること、「気持ちいい」と感じることについて、丁寧に紐解いてゆくと、無意識のうちに「功利的」「自由主義的」に判断している。

サンデル氏が強調したいのは、3つ目のアプローチ方法、「美徳の涵養」つまり道徳的な正義の指針です。
しかし、「道徳的な判断を正義の指針としよう」というと、少し身構えませんか?
なぜかと考えてみるに、それは「個人の自由を損なう匂い」がするからですね。

「何をもって正義とするかは私自身の判断でしょ?道徳的って誰にとって道徳的なの?判断基準を統一にするのは危険、まるで宗教。」
そう言いたくなるとすれば、頭からどっぷり「自由至上主義」に浸かって生きているからです。。。


氏は本書でまず、功利主義の限界、自由至上主義の限界を語り、3つ目のアプローチ法を述べるにあたっては注意深く、イマヌエル・カントの「自律」の概念を解説した上で、最終章の「正義と共通善」に向けて持論を進めてゆきます。
カントの教えは初めて学びましたが、究極的にストイックですね。


大変内容の濃い一冊で、うまくまとめきれないのですが、私自身が三十代前半に疑問に思ったことの多くが言及されていると感じました。
昔疑問に思ったことというと、たとえば、私はこの右手を伸ばして何かをするとすれば、そうすることが「善」いと思ってそうするに違いないはずだが、「悪い」と思っていても右手を伸ばすことがある。
それは何かと考えると。。。「快楽」だな、と考えました。
たばこに手を伸ばすこの手は、「善」を求めているのではないけれど、「快楽」を求めているのだな、と(昔の話ですょ)。

私の中でずーっと、「善」の反対は「悪」ではなく「快」であり、選択の場面で、「快」ではなく「善」を選択できるか、というのが人生のテーマでした。
論語に、「七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず」とありますが、そうか七十歳になると、快楽を求めても善になるのか、それなら七十歳になってみたいなあと思いました(今でも思っているし、楽しみ)。

・功利主義とは、「快」を求めることが「善」であり「正義」だ、という考え方であり、
・自由至上主義は、「快」でも「善」でも、どちらが「正義」か決めるのは私だ、という考え方であり、
・美徳の涵養は、「快」ではなく「善」こそが「正義」だ、という考え方です。

そういうことが、本書でもっともっと深みをもって、語られております。
哲学的な問いに興味のない方はこの世にいないと思います。ぜひ手にとって、考える機会に。

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫) ★★★★☆

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)

きっかけ=8年前くらいに読んで書きとめたレビューです。当時ガンディーにはまっていて、氏の座右の書とされている本書に興味を持ちました。


インドの二大叙事詩のひとつ「マハーバーラタ」の第六巻に編入されているこの有名な聖典を、私が手に取るきっかけとなったのは、ガンディーのギーター信仰である。
「ガンジー自伝」第五部「ギーター研究」では、「わたしにとって、ギーターは行為における不可欠の指針になった。それは、わたしの日常必携の辞典となった」とされている。


この聖典の主題はシンプルだ。
「この世に生きる我々は、定められた自分の職務を、結果を期待せずに、ただ行為のために行為することによって解脱できる。行為の結果は神に預け、成功・不成功に執着してはならない」。

つまり、究極の「無償の行為」を説くものだ。

さまざまな宗教書についてほぼ無知の私が、今わかる範囲でギーターおよびヒンドゥー教の特徴を並べると、以下のようになる。

・ 私たちのような普通の社会人が、特別な修行をしなくとも、自分の仕事をしながら解脱に近づけるのだという明快さ。

・ 自分の職務は予め定まっており、それを行うべしとする、カーストに立脚した教え。

・ よって、武士は人を殺すのが与えられた役割だから、たとえ人を殺しても罪にはならず、気にしなくてよいという教え。

・ ブラフマンは最高神であり、他の信仰の対象も実はブラフマンだという解釈なので、キリストもアッラーも本当は全部ブラフマンなんだ!ということになってしまう。

・ ヒンドゥーの信仰の形もさまざまだが、この考え方が源泉なのだろう。

・ しかし、他の信仰対象は最終絶対神ではないので、輪廻を繰り返す。
ブラフマンを信仰し一体化した人はもう生まれ変わらない(=安寧)というのが面白い。

・ 目指す境地は「無我、無私の状態」であり、仏教に非常に近い(当然といえば当然だが)。
「知識のヨーガ」は、仏教の「智慧」に当てはまると思われる。

・ 「放擲者(結果を求めず行為する人)」→「ヨーギン(行為の超越を成就した隠棲者)」→「ブラフマン(最高神)との一体化」と、解脱への到達過程を二段階に分けているのが特徴的。

この「神の歌」がオルガスムスに達するのは第十一章。
戦士アルジュナが、神であるクリシュナに真の姿を見たいと望み、クリシュナがそれに応えて神の姿を現す。

それは「多くの口と眼、多くの腕と腿と足、多くの腹を持ち、多くの牙で恐ろしい、あなたの巨大な姿」であり、「これら人間界の勇士たちは、燃え盛るあなたの口の中に入る。蛾が大急ぎで燃火に入って身を滅ぼすように、諸世界は大急ぎであなたの口に入って滅亡する」姿である。

恐れ慄き取り乱したアルジュナは、ひれ伏してもとの姿に戻ってほしいと願う。
すると、人間の温和な姿に戻ったクリシュナが、やさしく言う。
「私のために行為し、私に専念し、私を信愛し、執着を離れ、すべてのものに対して敵意ない人は、まさに私に至る。アルジュナよ」。

この、究極の恐怖と柔和な旋律の対比により、神クリシュナにすべてを委ねるしかないという宿命が腑に落ちる。


この文庫本の読み方としては、まずp.18の家系図を見ながら、「まえがき」にあるマハーバーラタのあらすじを一気に読む。
登場人物が異常に多いがギーター本編にはほとんど関係ないので斜め読みで結構。
次に巻末の「解説」を熟読。
ようやく本編に入るが、再度「解説」をガイドにしながら読むとよい。
訳注は学問的な解釈方法についてなので見る必要はない。

石飛 幸三「「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか」 ★★★★☆

石飛 幸三「「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか」

※今回は本のレビューだけではなく、私の個人的なthinking中心です。
長文かつ重い話もありますので、「看取り」についてご興味のあるのみご覧いただければ幸甚です。

続きを読む

近藤 誠「成人病の真実 (文春文庫)」 ★★★★☆

近藤 誠「成人病の真実 (文春文庫)」

きっかけ=piyoに借りて

続けて、近藤医師の著作を読む。

「生活習慣病」ではなくあえて「成人病」と題して、高血圧、高コレステロールは加齢による自然な老化現象の範囲であることが多く、薬を飲むことは副作用を招くだけ、なのになぜ当然のようにそれらが行われるかというと、証拠があるからではなく、「それが標準」だからであり、薬会社と医師・病院による談合の世界である、という告発。近藤医師の主張では、“成人病”という呼称を“生活習慣病”と変えたのもひとつのプロパガンダとなる。

医療事故を看護婦のせいにせず、無駄な検査・治療をやめよという提言(すばらしい)。
インフルエンザ脳症は薬害であるとの告発、このあたりは非常に納得。
だが、「インフルエンザ予防接種は有効だが有用ではない」「健診は受けなくてよい(百害あって一利なし論)」については、行きすぎた考えのように思う。

近藤氏は必ず「くじ引き検査による総死亡率」をほぼ唯一の指標として断罪するが、たとえば健診を受けた人が寿命が延びるか、という問いは、マスクをすれば寿命が延びるか、ということとほぼ同じであり、マスク群と非マスク群では総死亡率に差がないからマスクをしなくてよい、というような結論になることと同じ。
我々はそこまでの極論だけで判断せず、マスクかけてた方が風邪引きにくいよね、くらいの気持ちでマスクをする。
マスクをかけてもかけなくても寿命には関係ないという理由でマスクをしない人は、変わった人だと思う。

健診や予防接種、果てはガン手術や抗がん剤についても、非科学的・非論理的であっても「その方がいいよね」的な考え方でそれが「標準」となっている気がするし、おそらく百理はなくても「一理」はある。
エビデンスがないからといってすべてを否定はできない(近藤氏もその点は同じだ考えと思う)。

インフルエンザ予防接種を受けずにインフルエンザにかかれば、次から同じ型のインフルエンザにはかかりにくいよ、という話は、なるほどそれはそうであっても、やっぱり1回でもかかるのは避けたいから毎年受ける方がよいのでは、とは思うが、そのあたり判断が難しい。

いずれにしても、三十代後半以降の日本人にとって、本書は「がん治療総決算」と合わせて必読の書だと思う。
読んでどうするかは本人次第だが。

西村 賢太「小銭をかぞえる」「どうで死ぬ身の一踊り」「廃疾かかえて」 ★★★★☆

小銭をかぞえる (文春文庫)

どうで死ぬ身の一踊り (講談社文庫)

廃疾かかえて (新潮文庫)

きっかけ=piyoから新たな本をたくさん借りたのだが、うっかり賢太から読み始めてしまう。

初、賢太もの。まず、なんだこの気持ち悪い表紙は。
そして、本を開けるが最後、すごい勢いでむさぼり読んでしまった。

3冊をこの順番に一気読みしたのだが、ほとんど同じ話なので、どれがどうという印象は薄く、すべて続いている印象。
ただ、一番おもしろかったのは「どうで死ぬ身の一踊り」だと思う。

最初は「もう二度と自分の人生には現れないであろう得難い女性」と思っている相手と、
ささいな行き違いがきっかけで自分の醜悪な本性が顔を出し、
自分のことは棚上げ方程式で勝手な言い分をまきちらし、子供じみた喧嘩になり、
最後は暴力に訴えて陰惨さを極め、取り返しがつかなくなるという定型が、
一話づつ違うエピソードで、これでもかこれでもかと出てくる。

大正期のマイナー作家藤澤淸造に異常な執着と金をつぎ込む様、
その盲目度は本人の言うとおり「キ印」そのもの。
二人の住む部屋には彼の墓標がガラスケースに鎮座しているという徹底ぶり。

そのキ印な一途さと嫉妬羨望まみれの醜悪さ、いかにも大正臭い文体(決して昭和臭い明るさはない)など、ページを繰る手を止まらせない、すごいエンタテインメントだ。