タグ : 伊坂 幸太郎

伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」 ☆☆☆☆☆

伊坂 幸太郎「ゴールデンスランバー (新潮文庫)」

きっかけ=友人Hちゃんにお借りして

☆ネタバレあり☆

首相暗殺の犯人に仕立てられた主人公の逃走劇。
登場人物の設定やセリフが芝居がかりすぎていたり、場面転換が激しく映画やドラマの脚本を読んでいるような感じ。
落ちが整形手術で面白みもない。
やっぱり伊坂幸太郎は私に合わないらしい。

伊坂 幸太郎「死神の精度 (文春文庫)」 ☆☆☆☆☆

伊坂 幸太郎「死神の精度 (文春文庫)」

きっかけ:同じく店頭で先輩Yさんにすすめられて購入。

陳腐でわざとらしい比喩がうっとうしく面白くない。
全然好きなタイプではないので、今後は伊坂幸太郎さんの作品は読まないように気をつけよう(ベストセラー作家らしいが)。