タグ : 宮尾 登美子

宮尾 登美子「新装版 一絃の琴 (講談社文庫)」 ★★★★☆

宮尾 登美子「新装版 一絃の琴 (講談社文庫)」

きっかけ=先日読んだ「天璋院篤姫」に惹かれて、同じく宮尾作品を購入。

土佐の幕末→明治→昭和を、旧士族の女性として誇り高く生き抜いた「苗」「蘭子」の、一弦琴に全生命を賭けた生き様を描く。

天璋院と和宮のときにもあった女同士の確執が面白い。

宮尾 登美子「新装版 天璋院篤姫(上)(下) (講談社文庫)」 ★★★★☆

宮尾 登美子「新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫)」

宮尾 登美子「新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫)」

きっかけ=中古本屋さんでなんとなく購入。

宮尾登美子さんの固い、でも女性らしい独特の文体が妙味。
大河ドラマとは異なって変な演出もなく(家定を王子様のように祭り上げる的な)、より天璋院の、徳川家の嫁としての覚悟の深さ、逆に超保守的で頑固な面など、人間くささも感じて面白い。

宮尾さんの作品を他にも読んでみたい。