タグ : 有吉 佐和子

有吉 佐和子「和宮様御留 (講談社文庫)」 ★★★☆☆

有吉 佐和子「和宮様御留 (講談社文庫)」

きっかけ=有吉佐和子さんの作品を継続して読みたく、天璋院篤姫の主要人物でもある和宮を題材にしているということで興味あり購入。

公家の密閉された世界観の徹底的な写実、さすが有吉佐和子。
下女「フキ」が何もわからないまま和宮と入れ替えられ、瓦解寸前の徳川家に嫁する運命となる。
旅中徐々に狂気が表出し、最後は身も心もズタズタになって死ぬフキ。
それを顧みる登場人物もおらず、ある意味有吉からも投げ出されてしまう、容赦ない残忍さ。

公家のねちねちした陰険さと形式的で無意味な御所ことばのオンパレードが逆にリアル。
関西弁の「ありがとう」は公家ことばだったのか。
天璋院との確執はほとんど出てこず、少し残念。

本当に和宮は入替られていたかそうでないか、という真偽のほどは、この作品の価値と何も関係ない。

広告

有吉 佐和子「紀ノ川 (新潮文庫 (あ-5-1)」 ★★★★☆

有吉 佐和子「紀ノ川 (新潮文庫 (あ-5-1)」)

きっかけ=Amazonで購入。

長年読んだような気になっていた本書をじっくり読む。
明治、大正、昭和を、「家」を軸として、紀ノ川のように美しく重く生きた女性の一生を描く。

私の出身は「紀ノ川市」であり、出てくる地名はすべてわかる。
訛りはもう今では面影がないが、語尾に「やして」や「よ」がつくところなど懐かしい。
山は里より高貴であったことも面白い。今となっては山は山でしかない。

時代や身分における女の役割を全うしながら生き抜く姿は、慎ましく柔らかくも骨太でおもしろい。
天璋院篤姫、「一弦の琴」の苗、「紀ノ川」の花。すべてに通じるものがある。

有吉 佐和子「恍惚の人 (新潮文庫)」 ★★★★☆

有吉 佐和子「恍惚の人 (新潮文庫)」

きっかけ=中古本屋さんでなんとなく購入。

昭和47年の小説。
介護老人を抱える家族の悩みを、当時珍しかった「職業婦人」の昭子の視点で丹念に描かれる。

筆致もクラシックで世相もよく現れ読み応えがある。
どんでん返しもなく綿々と老人が亡くなるまでの心象風景を丁寧に描く。
とても読み応えがあり、読み終わった後もじわじわ染みてくる作品。

同じ和歌山生まれの有吉佐和子さんの小説をもっと読みたくなった。