タグ : 東野 圭吾

東野 圭吾「さまよう刃 (角川文庫)」 ★★☆☆☆

東野 圭吾「さまよう刃 (角川文庫)」

きっかけ=後輩のIさんに借りて。

今まで読んだ東野作品の中では一番よかった。
レイプを受けて死んだ女子高生の父親が復讐を果たすために、逃亡しながら復讐相手の少年を探す間、刑事含め、復讐を果たすべきか否かという問題を考えさせる。

結末は後味が悪く、そういうどんでん返しはおもしろくないよと思ってしまう。

東野 圭吾「秘密 (文春文庫)」 ☆☆☆☆☆

東野 圭吾「秘密 (文春文庫)」

きっかけ:仕事中寄った本売場で、一緒にいた先輩Yさんからオススメされて購入。

まったく共感できず。やはり「とりかえばや」モノは好きではない。
直感でそう思ったらやめたほうがいいなあ。

東野 圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)」 ★☆☆☆☆

東野 圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)」

きっかけ=友人Nくんに借りて

久しぶりに恋愛小説を読んだが、SFのような設定に乗り切れず。

東野 圭吾「仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)」 ★☆☆☆☆

東野 圭吾「仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)」

きっかけ=友人Nくんに借りて

山荘での連続殺人事件だが、トリックがどんでん返し過ぎて醒めてしまう。

東野 圭吾「手紙 (文春文庫)」 ★★☆☆☆

東野 圭吾「手紙 (文春文庫)」

きっかけ=友人Nくんに借りて

ベストセラー作家の東野圭吾さんだが、初めて読んだ。
殺人犯の家族が受ける悪意なき差別を丹念に描く。
こういうことなのだと見方が変わる。