タグ : 渡辺 容子

渡辺 容子「乳がん 後悔しない治療──よりよく生きるための選択」 ★★★☆☆

渡辺 容子「乳がん 後悔しない治療──よりよく生きるための選択」

きっかけ=piyoに借りて

少し前に読んだ「がん治療総決算」の著者、近藤医師の患者である筆者の「闘わないガン共生記」。

手術せずに残りの人生を有意義に送るため、治療法や薬物に対して勉強し、自ら判断する患者。
勉強熱心な著者は、近藤医師の著作は全部読み、どうやら批判派の方の著作もかなり読んでいるようだが、私も批判派の方の本を読みたい。

わからないのは、抗がん剤は効かない、と著者も近藤医師も断言しているのに、手術前には抗がん剤でがんを小さくしてから手術している(結果、全摘をまぬかれる)が、これはどう考えればよいのか?
抗がん剤は「小さくできる」が「治らない」という意味か?

また、2期や3期のとき「転移率が50%の場合、手術を勧めるかどうか迷う」とはどういうことか?
転移するなら1期よりもはるかに前に転移しているという説が正しければ、1期でも2期でも3期でも転移率は変わらないのでは?
それとも「がんもどき」は2期以上にはならないということか?
など、わからないことも多い。

また、近藤医師は「くじ引き検査による総死亡率」のみを最重要視しているが、おそらくそれ以外の有効なデータが、たとえばがん細胞が小さくなったりなくなったりというデータが、存在するのだろう。
総死亡率の違いだけで、1%の望みを最初から捨てることは、若い患者やその家族にはできないことだろう(宝くじも買わねば当たらない理論で)。

このところ、矛盾もありつつどう折り合うべきなのか、もっとよく知りたいし考えたい。

広告