タグ : 辻 仁成

辻 仁成「冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫) 」 ★☆☆☆☆

辻 仁成「冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫) 」

続けて、Bluを読む。

まーおもしろくない。
昔の女に縛られて何もできないダメ男だけど、ダメさかげんも中途半端(修復士としての腕前がよいのがつまらない)、「先生」とやらの存在も中途半端(結局死んでしまう)、芽実という女性もうっとうしい。
あおいはなんでこんな男が忘れられないのか。